ネットニュース

LINEスコアの攻略法を中国の芝麻(ジーマ)信用から考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEやYahooがユーザーを評価する信用スコアが世間をわかせていますね。
学校の内申点を彷彿とさせて嫌悪感がありますね。
けれど、この手のものにアレルギーを持って拒絶すると、信用スコアの恩恵を受けられず損するので素直にどうやって稼いでいくかを考えるのが得策だと思っています。
今回は来るべき将来に備えて信用スコアを貯めるためのテクニックをすでに中国で浸透している芝麻信用という信用スコアのサービスをベースに考えてまとめてみました。

信用スコアをためることのメリット

芝麻信用のスコアは貯めると物をレンタルするときにデポジットが減ったりお金を借りるときの金利が安くなるというメリットが考えられます。中国だと政府も積極的に導入していて信用スコアが高い人はビザの申請の手間が減るみたいです。
最終的には信用スコアは「良い人」と「問題を抱えた人」を振り分けることでサービス料に格差をつけて「良い人」が得をするような社会を目指しているのでしょう。
信用スコアによって大きく影響あるのは不動産業界だと私は考えています。
初期段階では信用スコアの高い人は敷金などが低くなることが考えられます。
また、最終的には信用スコアが高い人は近隣住民とトラブルを起こす可能性が低いという理由で家賃が安くなることも十分に考えられます。
Yahooがoyo lifeを始めたのはそれも大きな要因に思えます。

急速な勢いで取り扱い物件数を増やすインドのホテル運営会社OYO(オヨ)(創業者CEO:リテシュ・アガルワル、本社:インド)は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)と合弁会社を設立し、日本の賃貸住宅事業に本格参入します。

民泊をウィークリーマンションのように提供するのは賢いなと思いました。
閉鎖的な不動産業界に民泊という業態で切り込み信用スコアビジネスを始める発想は賢いですね。
ちなみに不動産業界の闇に興味がある人は「正直不動産」という漫画がおすすめです。

信用スコアの仕組みは?

芝麻信用の攻略法が紹介されてる中国のブログを参考に紹介します。
以下はGoogle翻訳で訳した引用です。

(1)アイデンティティ特性(15%):関連サービスの利用過程で残された十分かつ信頼できる個人基本情報。
(2)行動上の好み(20%):買い物、支払い、振替、および資産管理などの活動における好みおよび安定性。
(3)個人的関係(5%):友人のアイデンティティおよび友人との交流の程度。
(4)信用履歴(35%):過去の信用口座と返済レコードクレジット口座履歴を、
(5)実行能力(25%):様々なクレジットサービスを享受し、タイムリーなパフォーマンスを確保する。
上記の総合評価に従って、5つの信用格付けが割り当てられています。
https://zhuanlan.zhihu.com/p/37827911

(1) アイデンティティ特性とは年齢や年収、勤め先などの情報をベースに計算されるスコアのことです。ここで重要なのは「関連サービスの利用過程で残された」のところです。たとえ、上場企業に勤めていたとしても情報が登録されてなければ信用スコアに換算されない点です。
(2) 行動上の好みとは何を買ってるかとか貯金や借金がどの程度あるかの情報です。ちゃんと貯金しているかを確認されそうですね。また、浪費癖のある人はある程度気をつけたほうが良さそうですね。
(3) 個人的関係とは友人がどの程度いてトークが行われているかという情報です。日本だとラインをどのくらいしているか?誰としているかという情報によって信用スコアが決められます。私はラインをこまめにするタイプじゃなく、それでラインが少ないのでこれからラインでこまめにコミュニケーションをとるよう気をつけていきたいなと思いました。
(4) これが信用スコアの1/3を締めています。これは過去のクレジットカードの利用状況や借金の返済状況等から信用スコアを算出します。いちばん重要な指標です。
(5) 実行能力とはたくさんサービスを利用することです。日本だとYahooやLINEのサービスを積極的に利用していくとそこでのスコアが溜まってより良い条件で利用できるようになるという恐ろしい囲い込みです。

結局何をすればよいの?

結局何をすれば良いの?
という疑問を持つと思います。参考記事ではつぎのような一文は印象に残りました。

一般的に、最も直接的で効果的な方法は、より多くのお金を使うことです。https://zhuanlan.zhihu.com/p/37827911

とにかく、お金を稼いでなるべくYahooやLINEに金を落としましょうということです。
恐ろしいYahoo,LINE経済圏が形成されそうですね(笑)。
抜け穴があるとすれば
友達にPayPayやLINEPayで送金する。
PayPayやLINE Payのキャンペーンを利用して物を安く仕入れてヤフオクで売る。
お金を借りてヤフオクで物をかってどこかで転売してお金を返済。
Yahooの監視外でお金を借りて不動産を買いOYOで貸し出す。
みたいな方法ですかね。

LINE信用スコアはどれくらいあるとよいの?

芝麻信用を基準にすると次のような点数の格付けは次のとおりです。

点数は最低350点、最高950点で信用の高低を5つに分類する。それぞれ、350-550を「較差」、550-600を「中等」、600-650を「良好」、650-700を「優秀」、700-950を「極好」と呼ぶ。

なので、ラインでも600点以上あるとある程度良いと言うことになりそうです。
点数に対する評価がTOEICの基準に似てる。

さらに詳しく知りたい人は?

この信用スコアという概念を体系的に理解しようとすると評価経済という概念が役立ちます。
評価経済とは評価が経済の中心になるという考え方です。
詳しくは「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」を読んでみてください。
この本は「Kindle unlimited読み放題」に登録すると無料で読めるのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加