↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

Python 絶対値の計算 absとmath.fabsどっちを使うべき?

bootstrap

Pythonで絶対値の計算(absを使う)

Pythonで絶対値を出力する場合absを使います。

abs(数値)

absの実行例

引数がintの場合、返り値はint

In:abs(-5) Out:5

引数がfloatの場合、返り値はfloat

In:abs(-2.4) Out:2.4

引数がcomplex(複素数)の場合、返り値はfloat

In:abs(1+1j) Out:1.4142135623730951

Pythonで絶対値の計算(math.fabsを使う)

Pythonの標準ライブラリーmathのmath.fabsを使う方法もあります。

math.fabs(数値)

math.fabsの実行例

引数がintの場合、返り値はfloat

In:math.fabs(-5) Out:5.0

引数がfloatの場合、返り値はfloat

In:math.fabs(-2.4) Out:2.4

complex(複素数)には対応していない

In:math.fabs(1+1j) Error:can't convert complex to float

絶対値の計算はabsを使うべき!

abs() vs fabs() speed difference and advantage of fabs()

Tim Peters氏のメールが引用されていて、それを読む限りmath.fabsを使う理由は無いです。

なので、絶対値の計算はabs関数を使うようにしましょう。