数学

Python標準偏差を求める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

標本標準偏差と不偏標準偏差

標準偏差には2種類、あらます。それは標本標準偏差と不偏標準偏差です。

x1…xnの標準偏差

標本標準偏差

標本標準偏差の数式

不偏標準偏差

標本標準不偏差の数式

Numpyの場合

標本標準偏差を求める。

>>>import numpy as np
>>>data = np.array([1, 4, 2, 3, 4, 6])
>>>np.std(data)
1.5986105077709065

不偏標準偏差を求める。

>>>import numpy as np
>>>data = np.array([1, 4, 2, 3, 4, 6])
>>>np.std(data, ddof=1)
1.7511900715418263

Pandasの場合

準備として下記のようにデータを用意します。

>>>import pandas as pd
>>>df = pd.DataFrame({'g1': [1, 4, 2, 3, 4, 6],
...'g2': [2, 4, 5, 5, 6, 7],
...'g3': [9, 1, 6, 2, 5, 4]})

Pandasで標本標準偏差

>>>df.std(ddof=False)
g1    1.598611
g2    1.572330
g3    2.629956
dtype: float64

Pandasで不偏標準偏差

>>>df.std()
g1    1.751190
g2    1.722401
g3    2.880972
dtype: float64
  • このエントリーをはてなブックマークに追加