↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

【Python】処理時間を計測。timeモジュールの使い方

bootstrap

timeモジュールとは

Pythonのtimeモジュールは文字通り時間にかかわる処理を行う標準モジュールです。
timeモジュールで頻繁に使うことになるのは、
– time.time
– time.sleep
の2つです。

今回は、time.timeについて解説します。

time.sleepについては下記の記事で解説しているので参考にしてください。

https://www.tech-tech.xyz/python-sleep/

time.timeは現在時刻を取得

time.timeは現在時刻を取得するメソッドです。
現在時刻といっても取得できるのはUNIX時間です。

import time
time.time()
# 1543656276.2048733

UNIX時間は、UTCでの1970年1月1日午前0時0分0秒から何秒進んだかを表す数字です。
intやfloatとして使えるので、プログラムとの相性の良い時間の表現方法です。
また、世界共通のため時差がなく、便利なことが多いです。

time.timeで計測

他にもtime.timeは処理時間を計測する際によく用いられます。
処理の開始時間と終了時間を計算して、その差を処理時間とします。

start = time.time()
# 計測したい処理をここに書く
end = time.time()
time_elapsed = end - start# 計測時間