暗号通貨

イーサリアムPoSへ~バリデーターの選出方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イーサリアムがPoWからPoSへ移行

最近、私はイーサリアムをかき集めている管理人です。
というのも、イーサリアムがPoWからPoSへ移行するからです。
下記の記事でPoSへの以降について簡単にまとめているので、知らない人は参考にしてください。
https://www.tech-tech.xyz/archives/ethereum-pow-pos.html
今回は、上記の記事をさらに掘り下げていきます。
具体的には、PoSで重要な存在であるValidator(バリデーター)について説明していきます。

マイナーからバリデーターへ

PoSではバリデーターという存在が鍵を握っています。
PoWでいうマイナーがPoSではバリデーターに変わると考えて良いでしょう。

バリデーターは取引の承認を行う


PoSでは、バリデーターが取引の承認を行うことになります。
承認は簡単で、取引が正当であると認めるだけです。
これはPoWと比べて、とても単純な処理に置き換わっています。

なぜ、安全なのか?

これだけだと、バリデーターが好き放題、取引を改ざんできるという問題があります。
その問題はバリデーターの選び方を工夫することで解決します。

具体的にバリデーターはどのように選ばれる?

イーサリアムをたくさん持っている人が選ばれる

ざっくりと説明するとイーサリアムをたくさん持っている人をバリデーターに選びます。
こうすることで安全性が保証されます。

取引の改ざんで損するのは本人

仮に、バリデーターが取引を改ざんするとイーサリアムの価値が下落して
結果的にバリデーターが損をするという仕組みになっています。
なので、イーサリアムをたくさん持っている人をバリデーターに選ぶと安全です。

イーサリアムをステークする?


ただし、バリデーターになるためにはイーサリアムを持っているだけでは駄目です。
イーサリアムをチェーンにステーク(Stake)する必要があります。
ステークしている間、イーサリアムは使用できなくなります。
その代わりに、バリデーターになるための権利が確率的に与えられます。
確率的とは、バリデーターがステークした人の中から抽選によって選ばれるという意味です。
そして、たくさんステークすると当選確率が上がるようになってます。

バリデーターになるにはどのくらいのイーサリアムが必要?

ちなみにバリデーターになるためにはどの程度、イーサリアムが必要なのでしょうか?
今のところ、1,500ETHから60,000ETHといわれています。
結構、多いですね…
https://www.tech-tech.xyz/archives/ethereum-exchange-list.html

実はまだ問題がある…

一見、これで上手く行きそうですが、実はNothing at Stakeという問題があります。
次回はこの問題とイーサリアムでの解決方法について解説します。

参考記事

Proof-of-Work Vs. Proof-of-Stake Explained|ETHNews

  • このエントリーをはてなブックマークに追加