↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

【python】pipコマンドの使い方

bootstrap

pipをインストール

pipのインストールはget-pip.pyをダウンロードして実行します。
コマンドライン上で完結させる場合はつぎのようになります。

curl https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py > get-pip.py
python get-pip.py

また、Python3をインストールした場合、
すでにpipはデフォルトで入っているのでインストールは不要です。

ただし、pyenvなどでインストールした場合は、
pipにパスが通っていないことがあるので次のようにpipコマンドを実行しましょう。

python -m pip

バージョンを確認する

pipのバージョンを確認する場合は次のコマンドで確認できます。

pip -V

パッケージをインストール

次のコマンドでパッケージをインストールできます。

pip install パッケージ名

例としてひとまず入れといて損のないパッケージを紹介します。

pip install numpy
pip install jupyter
pip install matplotlib
pip install pandas

パッケージのバージョンを指定してインストール

パッケージのバージョンを指定してインストールする場合は
下記のように==バージョンを付け加えます。

pip install パッケージ名==バージョン

特にWeb系のライブラリはI/Fの変更が頻繁に行われるので、
基本的にはバージョンを指定します。

次の例ではDjango2.1.3をインストールしています。

pip install Django==2.1.3

パッケージをアンインストール

パッケージのアンインストールは次のコマンドでできます。

pip uninstall パッケージ名

インストールされたパッケージを確認

次のコマンドでインストールされたパッケージを表示できます。

pip list

パッケージをアップデート

次のコマンドでインストールされたパッケージをアップデートできます。

pip install パッケージ名 -U

pipをアップデート

pip自体のバージョンをアップデートする場合、pipを指定してアップデートします。

pip install pip -U

pipパッケージをバックアップする

pip freezeでパッケージ一覧を出力してそれをファイルに書き出します。

pip freeze > hoge.txt

pipパッケージをファイルから読み込む

書き出したパッケージは次のように読み込みます。

pip install -r hoge.txt

pipの環境を移行する

pipのパッケージを移行する場合はファイルにバックアップをとります。
それを読み込むことでpipパッケージの環境を移すことができます。

pip freeze > hoge.txt
pip install -r hoge.txt

パッケージを検索

次のコマンドでパッケージ検索ができます。

pip search キーワード

コマンドラインにこだわらなければPyPIで検索する方法もあります。
https://pypi.org/

Pythonで書かれたWebアプリのパッケージ管理

Webアプリケーションごとにパッケージを管理してgitにアップロードできると便利です。
そんなときは、pyenv,virtualenvなどの環境管理ソフトを併用すると便利に管理できます。

pip install Webアプリで使うパッケージ

ファイルに書き出す。

pip freeze > requirements.txt

requirements.txtがあれば必要なパッケージをインストールできます。
Webサーバーにインストールするときは次のコマンドでインストール

pip install -r requirements.txt