↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

Node.jsをubuntuにインストール

bootstrap

nvmとNode.jsのインストール

owl-2608783_640

Node.jsはnvmでインストールすべき

nvmは複数Node.jsのバージョン管理(インストールと切り替え)をするツールです。Node.jsはまだまだ発展途上の技術なのでバージョン管理をすべきです。なので、nvmを使ってインストールしましょう。

nvmインストール

nvmをインストールするために必要なパッケージをインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential libssl-dev

下記のコマンドでnvmをインストール

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.25.2/install.sh | bash

Node.jsをインストール

安定版(推奨版)をホームページで確認。
Node.jsのホームページ

現時点(2017/10/11)では6.11.4LTSが安定版なのでそれを下記のコマンドでインストールします。

nvm install 6.11.4

.bashrcの設定

bashを閉じるとnvmで選択した環境がリセットされてnodejsを実行できなくなります。

bashを開くたびに

nvm use バージョン

を打つのは面倒なので.bashrcに上記のコマンドを付け足しておくと便利です。

基本的なコマンド

nvmに登録されている安定板を設定

nvm alias stable バージョン

nvmに環境名を登録

nvm alias 環境名 バージョン

バージョン切り替え

nvm use バージョン

バージョン切り替え(環境名)

nvm use 環境名

インストールされているバージョンを確認

nvm ls

インストールできるバージョンを確認

nvm ls-remote

↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

フォローする