↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

Windowsでnvmを利用してNode.js環境を整える

bootstrap

Node.jsを直接入れると面倒…

Node.jsは新しい技術のため、現在でも更新が活発です。
そのため、Node.jsのパッケージがその変化についていけず
バージョンによっては動かないことがよく起こります。
使いたいパッケージがバージョンの都合上動かなくて
Node.jsを入れなおすのはとても面倒です。

Node.jsのバージョン管理

そこで、Node.jsの環境を整える場合、
Node.jsのバージョン管理ソフトを導入するのが一般的です。
nvm,n,nave,nodistなど様々なバージョン管理ソフトがあります。
これらでNode.jsをインストールすると、
パッケージ管理ソフトnpmも一緒についてくるので便利です。

しかし、バージョン管理ソフトの多くはLinuxやMac向けで
Windows向けのものは少ないです。

nvm for windows

nvmがWindowsでも使えるように開発されたのが、nvm for windowsです。
オープンソースで現在も開発が活発に行われています。

https://github.com/coreybutler/nvm-windows

nvmをインストール

nvm for windowsのインストーラー(nvm-setup.zip)を下記のリンクからダウンロードします。
https://github.com/coreybutler/nvm-windows/releases

ダウンロードしたファイルを解凍してnvm-setupを実行しましょう。
すると、インストーラーが起動します。

I accept the agreementにチェックを入れてNextを押します。

Node.jsのダウンロード先を指定できます。特に変更の必要はないです。

Node.jsのインストール先を指定できます。これも変更の必要はありません。

Installを押すとnvm for windowsのインストールが開始されます。

次の画面が表示されればインストールは完了です。Finishを押して画面を閉じましょう。

Node.jsとnpmをインストール

コマンドプロンプトを開いて

nvm list avalilable

を打つとインストールできるNode.jsのバージョン一覧が表示されます。

まず、最新版である10.9.0を入れてみます。

nvm install 10.9.0

を打つとダウンロードが開始されます。
完了までに少し時間がかかります。
次のようなメッセージが表示されれば成功です。

Installation complete. If you want to use this version, type

nvm use 10.9.0

メッセージにあるように次のコマンドを打ってみましょう。

nvm use 10.9.0

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と表示されますが、
はいを押して続行します。

すると、nodeが使えるようになります。

node -v

で入ってるバージョンが確認できます。

つぎにLTS(長期サポート対象バージョン)の最新版をインストールして
バージョンを切り替えてみます。

nvm install 8.11.4

少し待ちます…
完了したら

nvm use 8.11.4

を打ちます。先ほどと同様の警告が表示されますがはいを押します。
するとバージョンが切り替わります。

node -v

でバージョンが8.11.4になっていれば
nvmがちゃんと動作しています。

これでWindowsでのNode.jsのセットアップが完了しました。