暗号通貨

Moneroのウォレットを用意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Moneroとは?

今回は、Moneroのウォレットの作成から初期設定の話をします。まずはじめにMoneroの特徴について解説します。Moneroは次のような特徴を持った通貨です。
Moneroの主な特徴

  • 匿名通貨
  • ASIC耐性

匿名通貨

Moneroは送信先が匿名化されます。これによって、利用者のプライバシーが保護されます。

匿名化はリング署名という技術を元に実現されています。

ASIC耐性

ASICとは、効率的にマイニングできるハードウェアです。ASICは高価で流通経路が限られているため入手困難です。

なので、ASICを持っている人がマイニングで有利になってしまい、一般人がマイニングで不利になってしまします。

一般人がマイニングしなくなってしまうと、仮想通貨の非中央集権制がくずれてしまい問題です。

そこで、MoneroではASIC耐性をもったマイニングアルゴリズムを採用する事でこの問題を解決しています。

また、マイニングに興味を持っている方はMoneroは有力候補です。

https://www.tech-tech.xyz/archives/5728564.html

ウォレットのダウンロード(Windows)

Moneroを手に入れるためには、ウォレットが必要です。
今回は、手元で通貨を管理できるデスクトップウォレットを紹介します。
ウォレットのダウンロードについて説明します。今回紹介するウォレットはポータブル形式なのでインストール不要です。

まず、https://getmonero.org/downloads/へアクセスします。
環境にあったものをダウンロードしましょう。今回は64bitのWindowsにインストールするので左のWindows, 64-bitをインストールします。
右のWindows, 64-bit (Command-Line Tools Only)はコマンドラインツールのみなので不便です。

適当な場所にダウンロードしたファイルを展開します。

取引台帳のダウンロード

ウォレットでは取引をするためには取引台帳が必要です。ダウンロードするソフトウェアは先ほどダウンロードしたソフトに含まれています。
展開したフォルダにmonerod.exeというファイルがあるので実行しましょう。

するとこのアプリの機能のいくつかがWindowsファイアウォールでブロックされていますという警告がでると思います。

これは、取引台帳のダウンロードには他のPCと接続する必要があるためです。

パブリックネットワークにチェックをいれてアクセスを許可しましょう。

すると、台帳の同期がはじまります。

この画面はdaemon(デーモン)とも言います。ウォレットを利用するためにはこのデーモンが起動している必要があるので起動を忘れないようにしましょう。

ウォレットの作成

次にウォレットを作成していきます。展開したフォルダにmonero-wallet-gui.exeというファイルがあるので実行しましょう。先ほど、同様にファイアウォールを設定しましょう。

言語の設定画面が開かれます。日本語を選択しましょう。

新しくウォレットを作るをクリックしましょう。

次にウォレットの作成画面が開かれます。「ふっかつのじゅもん」のような文字列が表示されると思います。ウォレットが消えた時に、必要となるのでかならず保存しておきましょう。フロッピーのアイコンをクリックするとクリップボードにコピーされるのでメモ帳を開いて貼り付けて保存しましょう。

次にパスワードを設定します。

次に取引台帳に関する設定画面が開かれます。特に設定する箇所はないので次へ進めましょう。

モネロを使うをクリックすると設定が完了です。

ウォレットが開かれます。取引台帳の同期が完了するまで待ちましょう。

デーモンの閉じ方

先ほど起動したmonerod.exeですが閉じるときにはウォレットから閉じた方が安全とされています。
ウォレットを閉じた時にデーモンを停止するかどうか聞かれます。そのときに、デーモンを停止するを選択して、デーモンのウィンドを閉じるのが安全です。
もし、ウォレットが開いていない場合はウォレットを開いて閉じましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加