お役立ち

MacにPython3をインストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macには、Python2がデォルトで入ってる

Macにデォルトで入っているのは、Python2です。
2020年には、サポートが切られてしまうのでPython3に移行すべきです。
そこで、Python2を綺麗にアンインストールしたいのですが、
手動で削除をおこなわなければならないので面倒です
そこで、pyenvでPython3.6.5をインストールして、
pythonコマンドでPython3.6.5が起動するようにしました。
今回は、このときに行った作業をまとめています。
また、私のmacOSのバージョンは、High Sierra 10.13.1です。

準備

XCodeはインストール済みでしょうか?
もし、入ってない場合は、App Storeからダウンロードしてインストールしましょう。
つぎにHomebrewが入ってるかを確認します。

$brew -v

もし、バージョンが表示されない場合は、次のコマンドを実行しましょう。

$/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

XCodeのコマンドラインツールが入ってるかを確認します。

$xcodebuild -version

もし、バージョンが表示されない場合は、次のコマンドを実行してください

$xcode-select --install

pyenvをインストール

Pythonのバージョン管理ソフトpyenvをインストールします。

brewで簡単にいれることが可能です。

$brew install pyenv

python3.6.5をインストール

今回は、3系の安定版3.6.5をインストールします。
pyenvで簡単にインストールできます。

$pyenv install 3.6.5

環境変数を設定

pyenvの環境にパスを通しましょう。

$vi ~/.bash_profile

下記の一行を追加します。

export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

設定を反映しましょう。

$source ~/.bash_profile

バージョンを切り替える

$pyenv global 3.6.5

これでPythonコマンドでPython3が起動するようになりました。

トラブルシューティング

最後に遭遇したエラーについてまとめます。

zipimport.zipimporterror can’t decompress data; zlib not available

これは、xcodeのコマンドラインツールが入ってないのが原因です。

$xcode-select --install

でコマンドラインツールをインストールしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加