↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

Kotoコイン?利点はあるけど。規制の可能性も…

bootstrap

Kotoコインとは?


Kotoコインは日本発の暗号通貨です。
Koto(古都?琴?)という和の雰囲気が漂うネーミングです。
オープンソースで、さまざまな人の手によって開発されています。
主な特徴は次の通りです。

  • 普通のPCでマイニングに参加できる
  • 取引内容のプライバシー保護
  • 国産の仮想通貨

普通のPCでマイニングに参加できる


理論上はどんなPCでも仮想通貨マイニングに参加できます。

しかし、実際にはマイニング専門業者のマイニングファームが行っていたり、高性能なPCを持っている人が行っています。

なぜかというと、「マイニング」は参加者の相対的な計算量によって報酬が決まるからです。
つまり、人よりどれだけ多く計算したのかが重要になります。

その結果、資本力を持った業者はASICやGPUなどのマイニングへ特化した機器をそろえることができるため個人よりもマイニング効率がよくなります。
一方、個人がマイニングすると報酬が少なくなるので、個人でのマイニング参加者がいなくなってしまいます。

この問題を解決するためにKotoコインのマイニングはGPUやASICへの耐性を持ったアルゴリズムを採用しています。
これで普通のPCでもKotoコインをマイニングできるようになり個人でもマイニングに参加できるコインとなっています。

取引内容のプライバシー保護


一般的な仮想通貨では取引内容を誰でも参照することが可能でプライバシー上問題があります。

現在はウォレットのアドレスと個人が結びついていないのでこれはあまり問題視されてません。

しかし、仮想通貨が実用化された場合、個人とアドレスの紐付けは必須です。

そうすると、誰が誰にお金を送金したのかが丸見えで、実用的だとはいえません。

そこで考えられたのが「匿名通貨」です。ゼロ知識証明という技術を用いることで取引が匿名化されたブロックチェーンを実現することが可能になり注目されています。

Kotoコインもその「匿名通貨」の一つです。

国産の仮想通貨

国産通貨であることのメリットは国産コインは少なく、モナコインのように注目されて、国内取引所で取り扱いが開始される可能性があることです。

Kotoコインをマイニングする際の注意点

匿名通貨は規制される!?

下記の記事で取り上げたとおり匿名通貨は規制がかかる可能性が高いです。

https://www.tech-tech.xyz/archives/darkcoin.html

「匿名通貨」であることはメリットのはずですが、このような要因によって致命的なデメリットになっています。

もし、Kotoコインの所有やマイニングを考えている場合はこの点に留意する必要があります。