↓もし、良かったらSNSでの紹介よろしくお願いします。

JDK,JRE,JRE server,JVM,Java SE,EEの違いをまとめてみた

bootstrap


Javaをインストールする際にJDKやJRE,SE,EEなど
初心者の方は気になると思うのでまとめてみました。

略さずに記すと…

  • JDK→Java Development Kit
  • JRE→Java Runtime Environment
  • JVM→Java Virtual Machine
  • Java SE→Java Platform Standard Edition
  • Java EE→Java Platform Enterprise Edition

JDK(Java Development Kit)

JDKは開発に必要なJAVAの環境が入ってるパッケージです。
JREやJVMなJava,どをまとめて一つにしたものです。

JRE(Java Runtime Environment)

JREはJavaの実行環境です。
具体的にはJVMとJavaの関数群であるAPIをまとめたものです。

JREとJRE serverの違い

JRE serverはJREの中からJavaのWebサーバーアプリケーションを
実行するために必要な機能だけに絞り込んだパッケージです。

脆弱性はクライアントアプリケーションの関数で発見される
ことが多く、そのリスクを下げるためにこのような
パッケージができました。

必要な機能に絞り込むことによって、
Javaの脆弱性による影響を抑えることができます。

JVM(Java Virtual Machine)

Javaは様々なOSでの移植性を高めるために独自の仮想マシン上で
プログラムが実行されます。その仮想マシンがJVMです。

Java SEとJava EEの違い

Java EEは、Java SEにWebサーバアプリケーション用のライブラリなどを追加したものです。
Java EEのライブラリ群でデータベース操作を行うJPAなんかはよく使われます。
インストールする場合は、Java SE Java Development Kitを
あらかじめインストールする必要があります。