暗号通貨

11のイーサリアム国内取引所を徹底比較、メリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、最先端の技術をつめこんだ仮想通貨として
Ethereum(ETH)が注目を集めています。

また、発行量が制限されるなどの理由から
価格が高騰しはじめています。
この記事を訪れた方は、そういった要因から
取引所への登録を検討している最中ではないでしょうか?
そんな、あなたへ向けて今回は、
イーサリアムを購入するという観点で
それぞれの取引所を紹介します。
ありとあらゆる取引所を利用した管理人が紹介するので期待してください!
紹介というとメリットだけを解説しがちですが、
デメリットについてもちゃんと解説
するので安心してください。
「全部読むのめんどくさい!」という方には
管理人が導きだした最適な取引所の組み合わせ
だけでも良いので読んで見てください。
きっと、お役に立てると思います。
ちなみにRippleについても紹介しているので良かったら参考にしてください。
https://www.tech-tech.xyz/archives/ripple-exchange.html

目次

管理人が導きだした最適な取引所の組み合わせ

私がイーサリアムの取引で2つの取引所を利用しています。
それは、bitFlyerZaif

なぜ2箇所も登録?

私が2つの取引所を利用するのは良いとこ取りをするためです。
どこの取引所もメリットとデメリットがあります。
そこで、メリットだけを組み合わせて、
この組み合わせが最適だと私は考えました。

なぜ、BitflyerとZaif?

わたしは、
・Bitflyerをイーサリアムの保管場所
・Zaifを購入場所
として利用しています。
理由は、Bitflyerは安全だけど、
イーサリアムを買うとき割高です。
一方、Zaifはイーサリアムをお得に買えます。
しかし、下記の2つの不安にさせるニュースがZaifにはあります。

1月6日(土)夕方から7日(日)未明にかけてのAPIキーを利用した不正取引および不正出金が行われた件、ならびに1月9日に報告された不正アクセスおよび不正出金
https://corp.zaif.jp/info/8265/

2018年2月16日夕方頃、当社サービスである「簡単売買」上の価格計算システムに不具合が生じ、ゼロ円で仮想通貨の売買が出来る状態が発生しました
https://corp.zaif.jp/info/8750/

Zaifで買って、Bitflyerで保管

こんな事件があるとは言え、
イーサリアムが、もっともお買い得なのはZaif
そこで、Zaifで買って、Bitflyerで保管するのが
完璧と言う結論にいたりました。
【bitFlyer】ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
【Zaif】安全・安心な仮想通貨の取引所
Zaif 安全・安心な仮想通貨の取引所

イーサリアムはBitflyerに預けるべき!

「イーサリアムはハードウォレットで保管すべきだ!」
という意見があります。しかし、これだと
すべて自己責任になってしまいます。
管理はとても面倒で、なくした場合は
誰も保証してくれません
ただし、大手取引所だと万が一、ハッキング被害にあっても
保証してくれる可能性が高いです。
コインチェックの事件などが良い例です。
あの後、ちゃんと保証がなされています。
また、bitFlyerは資本力があり、
三井住友海上火災保険による保証を行っているため
より安心感があります。
なので、仮想通貨はBitflyerに保管しておくのがベストです。

取引所選びで見るべき5つのポイント

取引所を比較するにしても何を基準に比較すれば良いのか?
そこで私がオススメする取引所選びのポイントは次の5つです。

  • 手数料とスプレッド幅
  • セキュリティと万が一に備えた保証
  • サーバー強度
  • 画面の見易さ、使いやすさ
  • 投資スタイルにあったサービス

手数料とスプレッド幅

お得に仮想通貨を買おうとすると手数料だけに目がいきがちです。
ただし、手数料だけを見てると販売所の罠にはまります!
なぜかというと、仮想通貨販売所は手数料を無料にしお得に見せかけて、
スプレッドで、利益をとることが多いからです。
スプレッドというのは、簡単に説明すると、
売買価格に上乗せされる手数料
のような料金です。
スプレッド幅が大きいと
買うとき割高売るとき割安になります。
これは気付かぬうちに損をしていることが多いので注意が必要です。
なので、取引所をお得度で選ぶ際は、手数料とスプレッド幅を必ずチェックしましょう。

セキュリティと万が一の保証

仮想通貨取引にとってセキュリティは重要です。
ただし、セキュリティ強度を測る客観的な指標はありません。
そこで、重要視したいのが運営会社の信頼度保証の有無です。
運営会社が上場していたりすると、
コンプライアンス意識が高いのでセキュリティ意識が高いです。
また、株主がしっかりしている場合なども高評価です。
また、万が一、ハッキング被害にあった場合、
「保証してくれるか?」
と言う点も重要です。
この点に関しては資本力を見ると良いでしょう。
また、取引所によっては保険を導入しているところもあるのでチェックです。

サーバー強度

サーバー強度が弱いと取引したいときに限って取引できないという問題があります。
大暴落中だとアクセスが集中し、取引ができなくなるという取引所もあります。
これは、使ってみて初めてわかる不満点です。
この点については本記事を参考にしていただけると良いでしょう。

画面の見易さ、使いやすさ

はじめての仮想通貨取引は間違った注文を防ぐためにわかりやすさは重要です。
また、最終的には使いやすい取引所だけ使うことになる人が多いです。
しかし、我慢すればどうにかなることでもあります。
また、将来的には使いやすくなる可能性が高いので
たとえ使いにくくても登録だけしてみるのはありだと思います。

投資スタイルにあったサービス

「短期売買の人はレバレッジ取引が利用したい!」
「長期視点で考えたい人には積立がおすすめ」
などそれぞれの投資スタイルにあったサービスがある場合は
利用して見るのがよいでしょう。
ちなみに、初心者には積立がオススメです。
https://www.tech-tech.xyz/archives/coin-tsumitate.html

各取引所の一覧表

わかりやすい一覧表を作って見ました。登録の際にお役立てください。
ただし、どの取引所も開設、維持費ともに無料なので余力がある人は全て登録してみるのも手です。
取引所ごとに価格差があるので複数登録して上手く利用するとお得です。
【各取引所の一覧表】

取引所名 手数料 スプレッド幅 信頼度 保証制度 ETH出金手数料 レバレッジ
bitFlyer 0.2% 大きい 高い あり 0.005ETH なし
Zaif ※0%(メイカー)
0.1%(テイカー)
小さい 普通 なし 0.01ETH~ なし
BITPOINT 0% 小さい 普通 なし 無料 なし
bitbank.cc 0% 小さい 普通 なし 0.005ETH なし
QUOINEX 0.25% 小さい 普通 なし 無料 25倍
coincheck 0% 大きい 低い→高い あり 0.01ETH なし
DMM Bitcoin 0% 大きい 高い なし 0.001ETH 5倍
GMOコイン
0% 大きい 高い なし 0.1ETH 10倍
みんなのビットコイン 0.25% 大きい 普通 なし 無料 25倍
Bit Trade ※0.2%(メイカー)
0.25%(テイカー)
小さい 普通 なし 0.005ETH なし
BTCBOX 0.1% 小さい 普通 なし 0.01ETH なし

※メイカーとは板に載せた注文が約定する取引
テイカーとは板に載った注文を約定させる取引のことです。
この表は2018年5月3日時点での情報になります。

各取引所のメリット・デメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)

メリット

  • 取引規模が日本最大のもっとも信頼のおける取引所
  • 万が一のときに三井住友海上火災保険による保証
  • わかりやすい!使いやすい!取引画面で初心者も安心

取引規模が日本最大のもっとも信頼のおける取引所

CMでもおなじみのbitFlyer(ビットフライヤー)です。
仮想通貨交換業者の先駆者として他を一歩リードしている日本一の取引所・販売所です。
運営実績も十分と厚い信頼のおける取引所です。
株主はそうそうたる企業です。

万が一のときに三井住友海上火災による保証

さらに、三井住友海上の保険によって、
万が一に備えて保険がかけられています。

わかりやすい!使いやすい!取引画面で初心者も安心

取引画面もわかりやすくので初心者でも安心して取引を行うことができます。
仮想通貨取引の入門としてよく取り上げられるだけあり、
よくできた取引画面です。
デメリット

  • スプレッド幅が大きい(買うときは割高、売るときは割安)

スプレッド幅が大きい

ただし、イーサリアムの取引は販売所方式なので
スプレッド幅が大きいため、
買うときは割高に、売るときは割安に
なってしまうのが難点です。
イーサリアムの保管場所として使うのがおすすめです。

Zaif(ザイフ)

メリット

  • 手数料を無料にできる
  • イーサリアムのスプレッド幅が小さい
  • 積立という選択肢もある

手数料を無料にできる

Zaifの取引所手数料は
メイカーが無料、テイカーが0.1%という方式になってます。
メイカーとは板に載せた注文が約定する取引
テイカーとは板に載った注文を約定させる取引のことです。

イーサリアムのスプレッド幅が小さい

イーサリアムのスプレッド幅はここが一番低いことが多いので、
テイカーとして買った場合でも、お得な取引所です。

この画像はZaifのイーサリアム取引所のようすですが、
スプレッド幅が75円とかなり小さいの数字です。

積立という選択肢もある

また、コイン積立という方法でイーサリアムを買うことができます。
積立は短期的な値動きの影響を受けにくいので初心者におすすめです。
くわしくは下記の記事で解説してあります。
https://www.tech-tech.xyz/archives/coin-tsumitate.html
デメリット

  • 手数料の仕組みがわかり辛い
  • サーバーが不安定
  • システムトラブルが恐い

手数料の仕組みがわかり辛い

先ほど説明した、メイカーとテイカーの違いに関しては
やってみないことにはわかりづらい概念です。
初心者にとっては手数料が不明瞭で気持ち悪いかもしれません。

サーバーが不安定

サーバーが不安定で取引が行えないことが何度かあります。
平常時は問題ないですが、価格が大きく動くときに
サーバー障害で売買できないことがあり困ったことがあります。

システムトラブルが恐い

また、システムトラブルが起こることがあり少し不安です。
最近だと、ビットコインが0円で買えてしまうことがありました。

BITPOINT(ビットポイント)

メリット

  • 手数料無料
  • 本格的な取引ツールが使える

手数料無料

ここへ来て、はじめて手数料が完全に無料の取引所があらわれました。
それがBITPOINTです。

本格的な取引ツールが使える

MetaTrader4という取引専用ツールを利用して取引ができます
MetaTrader4とは世界中で750社以上の金融機関で使われているトレードツールです。
簡単な言語で拡張可能になっていて簡単にカスタマイズ可能です。
自動売買や独自の分析結果の表示などができます。
本格的なトレーダーにとってもオススメの取引所です。
デメリット

  • ユーザーが少ない

ユーザーが少ない

いまのところ、ユーザーが少なく、板が薄いです。
そのため、スプレッド幅が自然と大きくなってしまうのが難点です。
ただし、板取引なので、取引相手がいるときに取引ができれば
お得なトレードも可能となっています。

bitbank.cc(ビットバンク)

メリット

  • 手数料無料
  • サーバーが安定している
  • シンプルな取引画面で使いやすい

手数料無料

bitbank.ccも取引手数料が無料なのが魅力です。また、利用者も増えつつあるので板もそこそこ厚いためスプレッド幅が小さくなってます。

サーバーが安定している

サーバーが安定していて重要なときでも
売買タイミングを逃さないのがメリットです。

シンプルな取引画面で使いやすい

取引画面がシンプルで迷うことなく取引ができます。
初心者におすすめの取引所となってます。
デメリット

  • イーサリアムの取引はビットコインとのトレードのみ

イーサリアムの取引はビットコインとのトレードのみ

イーサリアムの取引は日本円との交換に未対応です。
日本円をビットコインに変える必要があって面倒です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

メリット

  • 手数料無料
  • サーバーが安定している
  • 高レバレッジ(25倍)の取引が可能

手数料無料

QUOINEXは取引手数料が無料なのが魅力です。
また、BitPointにくらべると取引量が多く
スプレッド幅が狭いため、お得に取引できます。

サーバーが安定している

サーバーが安定していて重要なときでも
売買タイミングを逃さないのがメリットです。

高レバレッジ(25倍)の取引が可能

イーサリアムのレバレッジが25倍までかけることができます。
デイトレーダーにオススメの取引所です。
デメリット

  • 画面が複雑で使い辛い
  • ユーザー認証が複雑で面倒

画面が複雑で使い辛い

画面が複雑で使い辛いのがデメリットです。
ごちゃごちゃしていてわかり辛いです。

ユーザー認証が複雑で面倒

また、ユーザー認証もIPアドレスのv6を固定しないと
メールアドレス認証をログインの際にいちいち行わないと
いけないのがとても面倒です。

Coincheck(コインチェック)

メリット

  • マネックスグループ傘下に
  • とにかく、使いやすい取引画面が魅力
  • サーバー強度が高くシステムとレーダーにオススメ

マネックスグループ傘下に

最近、コインチェックはマネックスグループの傘下になったことで
信頼を回復しつつあります。

とにかく、使いやすい取引画面が魅力

コインチェックのアプリは非常に使いやすく騒動以降も
根強いファンがいる取引所です。

サーバー強度が高くシステムトレーダーにオススメ

また、取引量が大きいのにもかかわらず、
サーバー障害がとても少ないのが魅力です。
私もいまだに、ビットコインのトレードでは
お世話になっています。
デメリット

  • 現在、新規口座開設は停止中
  • コインチェック騒動で印象が悪い
  • イーサリアムはスプレッド幅が大きい

現在、新規口座開設は停止中

コインチェック騒動以来、新規口座開設は停止中なので
現在、口座開設はできません。再開まで待ちましょう。

コインチェック騒動で印象が悪い

また、あの一件以来、不安な方も多いと思います。
しかし、現在では保証も行われ、
サービスも次第に回復してあるため
騒動から復帰できた取引所として信頼回復も近いことでしょう。

イーサリアムはスプレッド幅が大きい

残念ながらイーサリアム取引は、販売所のみなので
どうしても、スプレッド幅が大きくなってしまいます。
イーサリアムの売買用としてはあまりオススメできません。
ビットコインの売買用の取引所としてはとても優秀なので
イーサリアムの板取引所が開始されるのを待ち望んでいます。

GMOコイン

メリット

  • GMOが運営

デメリット

  • スプレッドが大きい

GMOコインは大手証券会社GMOが運営する仮想通貨販売所です。

スプレッドが大きい

販売所という点でどうしてもスプレッド幅が広くなってしまうのが難点です。
参考に売買価格のレートを載せておきます。

GMOが運営

スプレッド幅が大きいのは難点ですが、
イーサリアムの保管場所として、GMOコインは安心です。

DMM Bitcoin

メリット

  • DMMが運営している安心感

デメリット

  • スプレッドが大きい

いまのところ、GMOコインと大体同じ特徴

DMM Bitcoinは、DMMが運営する仮想通貨販売所です。
いまのところ、GMOコインとかなり類似性が高いです。
証券会社が仮想通貨交換業を運営すると似たような感じになってしまうのでしょう。
参考に売買価格のレートを載せておきます。

先ほどのGMOコインと比べていただければ、
わかるとおりスプレッド幅はDMM Bitcoinのほうが若干大きいです。
ただし、レバレッジ手数料はこちらのほうが安いです。
また、DMM Bitcoinは登録するだけで0.0002BTCもらえます。
イーサリアムの保管場所としてはDMM Bitcoinも安心です。

まとめ

結局、繰り返しになりますがBitflyer + Zaifの組み合わせがオススメです。
開設は無料です。維持費もかかりません。
↓よかったら登録しみてください。
【bitFlyer】ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
【Zaif】安全・安心な仮想通貨の取引所
Zaif 安全・安心な仮想通貨の取引所
登録には時間がかかるので、今すぐに買う気がなくても
チャンスを逃さないために今のうちに登録しておくと良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加