流行

コインチェックショックなんて無かったwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェック、約500億円分のMEM盗難事件

いま、日本のみならず世界を騒がせているMEM盗難事件!
詳細は色んなところで取り上げられているので省きますがコインチェックが
「ヤバいよ~ヤバイよ~」と話題になっています。

本記事は2月2日の私のありのままの意見です。

ちなみに私は約400万円分の資産をCoincheckに入れてます

check

ちなみに、私は1週間ほど前からビットコインのシステムトレードをしています。
コインチェックには日本円にすると約400万円分の資産が入ってます。

なので、この問題は他人ごとではありません。

私のシステムトレードのアルゴリズムは1日に数百回売買を繰り替えすので
「取引所に預けっぱなし」しか選択肢はありませんでした。

「取引所を分散しろよ」というツッコミはあると思いますがコインチェックのシステムは安定していて最高のトレード環境です。
Zaif、Bitflyer、BITPoint、bitbank.ccは試したけれど、システムトレードではCoincheckが最も優秀な取引所なのでコインチェック以外に移すことは考えられませんでした。

私もいったんは出金申請したけど…

私も記者会見を聞いた後、恐くなってビットコインを全て売り一旦は出金申請をしました。

けれど、よく考えてみたら、
Coincheckにとって約500億円とか大した額ではない
ことに気付き出金申請をキャンセルしてシステムトレードを再開しました。

一旦はあせって出金申請をしたけど冷静になってみたら
「コインチェックは安全」
という結論に至りました。

将来有望な若者をつぶすことしか考えてない日本を象徴する出来事

記者会見を改めてみると和田さんが既存メディアにいじめられているようにしか見えないです。
27歳の若者をおっさんたちが揚げ足をいかにして取るかを考えてる会見でした。
けれど、記者会見を開くまでの速さは大手には真似できないレベルですね。準備不足でも誠意を見せた良い会見だったと感じました。

記者会見の後も老害によるコインチェック叩きがとまりませんねwww

和田さんには頑張ってもらって老害を見返して欲しいです。

Coincheckがヤバくない理由

2月1日、コインチェックアプリのアップデート

2月1日にアプリのアップデートが行われています。
もし、出金で危機的状況ならこんなアップデートはあるわけないですね。

現預金などで十分な資産を持っている

コインチェックの大塚雄介取締役は報告後、記者団に対し、返金を表明した総額約463億円の原資について、「現預金などで十分な資産を持っている」と語った。

ソース:コインチェック、金融庁に報告=仮想通貨流出、近く行政処分-返金原資は確保-時事ドットコム

むちゃくちゃ稼いでる

コインチェックでは販売所でコインを購入すると売買の代金に手数料が上乗せされています。
レートの約1割増しで売っていて、約1割減で円に交換できる仕組みになっています。

これと他の仮想通貨の日本での取引規模を考慮すると1ヶ月で約1400億円の利益が出ているはずです。

なのでコインチェックにとって「500億円とかかすり傷」と私は考えてます。

セキュリティリスクを考慮したビジネスモデル

この事件がおこる前までは「コインチェックの販売所はぼったくり」だなと思ってましたが
この事件を通して「コインの販売料金は盗難の保険料込みの価格」だと私は思いました。

著名人の意見を見ると大丈夫そうだから

最後に、著名人の意見をまとめてみました。

ホリエモン、仮想通貨流出問題で「返金はされる。コインチェックはものすごく儲かっていたと思いますから」

2018年2月2日18時12分 スポーツ報知


Coincheckを応援してます!

Coincheckは最高の取引所

システムトレードを通して分かったことですがCoincheckほど安定した取引所はありませんでした。

ここまで、安定稼動をしているということは技術力が高い証拠です。また、社長が優秀な技術者ということもあって技術力は高いはずです。

セキュリティに関しては後回しにしても良いビジネスモデルだからこういう事件が起こってしまったものの、この事件で注目を浴びてセキュリティ人材が集まり、改善されて最高の取引所が完成するはずです。

出川もがんばって!

最後に出川哲郎さんも今回の事件による風評被害はあると思いますが頑張ってください。
コインチェックCM第2段を期待しています!

拡散よろしくお願いします。

少しでもコインチェックの力になりたいと思ってこの記事を書きました。
この記事を読んでコインチェックを応援したいと思った人はこの記事を拡散してください。よろしくお願いします。弱小ブログが既存メディアに勝つには、あなたのSNSの力が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加